料理に使われてるラップが黒ずみケアに使える!

家に必ずある「ラップ」が、膝の黒ずみケアに効く!

ニキビ、毛穴、シミ、シワ、ホクロ……肌トラブルに悩む女性は非常に多いです。中でも色素沈着はシミを代表として知られていますが、全身に現れるという点でケアが大変なトラブルといえるでしょう。

色素沈着はシミだけを指すものではありません。怪我や火傷の跡がなかなか消えないことがありますが、それも色素沈着している状態です。赤く残るニキビ跡も色素沈着の一種です。また、膝や肘など関節部に多い黒ずみもまた、色素沈着なのです。どれもシミの仲間といわれるとなんだか不思議ですね。

そもそもなぜ色素沈着してしまうのかというと、多くの場合、外から加わった刺激から膝の皮膚が厚くなってしまい、それに伴い色素も集中することによって他の肌の部分より黒っぽく見えてしまっている状態です。

膝は外部からの刺激に弱いことから皮膚が厚くなりやすいという特徴を持っており、それはなぜなのかというと皮脂の分泌が少ないためです。

例えば衣服との摩擦や、膝をついた際の圧力の他にも紫外線による影響や、またはなんらかのキズや炎症を原因として膝の黒ずみが起こります。

こうした原因に心当たりがあるという方は、黒ずみを予防するためにもなるべく膝に負担を与えないようにしたほうがよいでしょう。

【膝へのケアを忘れずに】

これ以上黒ずみを悪化させないように膝の黒ずみの原因を取り除くことは何よりも大切なことですが、今ある黒ずみへのケアも忘れてはいけません。

膝は皮脂の分泌が少ないことから、乾燥しやすい部位です。乾燥すると炎症を起こしやすく黒ずみも悪化しやすいので、膝の黒ずみをケアするには保湿ケアを優先して行うようにしましょう。また、膝の黒ずみはシミやそばかすと同じくメラニン色素が沈着している状態ですので、美白化粧品を使用し色素を積極的に排出してあげるお手伝いをしてあげましょう。

インターネット上では、普段のお手入れを更に効果的にする手段が紹介されているようです。

【ラップの効果と使い方】

それはどういった手段なのかというと、食品を冷蔵保存する折に使用するラップを使ったケアです。
このラップを、保湿ケアなどを行った膝に対して巻きつけることによって、水分の蒸発を防ぎにくくする効果と共に、ケア用品の持つ有効成分が膝へと浸透しやすくなると言われています。
やり方も非常に簡単で、ケアを行った直後にラップを巻きつけるだけとなっています。
こうした方法は、エステなどでも採り入れられている手法となっており、もちろんエステにて食品用のラップが使用されるわけではありませんが、一般的に紹介されている方法ではあくまでその代用としてラップが効果的とされているためです。
ラップを巻いてからある程度時間を置くことになりますが、あまり時間をかけすぎると肌がムレた状態となってしまい炎症などを引き起こしてしまう原因となってしまいますので、長時間ラップを巻き続けてるのは避けたほうがよいでしょう。
目安となる時間としてはおよそ10分程度となっていますが、肌の乾燥具合によって調整してみて下さい。